厚木エリアでベランダ付き

厚木エリアでベランダ付きの一戸建てを探す

厚木と聞いて海を思い浮かべる人は多いものです。また、一時期は厚木ナンバーに憧れた人も多いものですが、車のナンバープレートに厚木の文字が刻まれている事で満足感を持つ人も多いものです。

尚、このナンバーを持つことが出来るのは、厚木陸運局が管轄となるエリアであり、そのエリアと言うのは以下の市町村になります。

小田原市、平塚市、茅ヶ崎市、厚木市、中郡(大磯町、二宮町)などの海沿いのエリアと、高座郡(寒川町)、足柄下郡(箱根町、真鶴町、湯河原町)などの海に比較的近いエリア、そして秦野市、伊勢原市、南足柄市、足柄上郡(大井町、開成町、中井町、松田町、山北町)などの内陸部エリアになります。

因みに、鎌倉市や七里ヶ浜なども人によっては厚木エリアであると言いますが、神奈川県が指定しているエリアには鎌倉市などは該当していません。また、平塚よりも西側のエリアでもある、中郡(大磯町、二宮町)や小田原市などは西湘と呼ばれるエリアになっているのが特徴なのです。

尚、ここからここまでがと言うのが無いのが特徴ですが、ナンバープレートとしてのエリアはこのような地域になっているという事なのです。一戸建てなどを持ちたい人の人気エリアでもあるのですが、海に近い場所に一戸建てを持つことを憧れている人も多いものです。

海まで歩いて10分程度の場所に一戸建てを持つことで、海に散歩に行くことも出来ますし、自然の景色を眺める事も出来ます。

所で一戸建て住宅の大半は2階部分にベランダが設けられています。

このベランダは大きく分けると2通りあり、最初からベランダを設置するための設計が行われて構造体部分からベランダが作られているタイプと、後から溶接などを行って取り付けるタイプの2通りがあります。

溶接などを行って取り付けるタイプは、金属で出来ているものが多く、ユニット式になっている事からも、設置が簡単に出来るため建築コストを下げることが可能になっているのが特徴です。

但し、海に近いエリアにある一戸建て住宅の場合は、潮風による塩害を受けやすいエリアでもあり、潮風により金属は錆びやすくなります。傷などが在る場合は、そこに潮風が当たる事で金属を酸化させてしまい、錆が起きやすくなります。

メンテナンスをせずにいれば、劣化はひどくなり金属を腐食させることになりますので、定期的に塗装を行うなどのメンテナンスが必要になります。これはベランダだけではなく、自転車などにも同じことが言えますが、定期的にメンテナンスをしてあげれば海に近い一戸建ての生活も可能になるのです。”