即日対応が可能

交通事故の示談に即日対応が可能な弁護士などについて

交通事故で怪我を負ったり亡くなってしまったりといった被害に遭うと、被害者や被害者の遺族は加害者や加害者が加入している保険会社に対して損害賠償金を請求できるのですが、加害者側が提示する損害賠償金について被害者側と争いが生じることがよくあります。
交通事故で怪我を負うと、人身損害が発生します。

人身損害を賠償請求することができる費用は、治療費や入院雑費、通院交通費といった実費に加え、休業損害や慰謝料もあります。
加害者の代わりに、加害者が加入している保険会社が被害者と示談交渉をするのが一般的ですが、加害者が加入している保険会社が示す損害賠償金の金額は実際に生じた損害に対して低すぎることがあります。
ほとんどが、裁判所を介して判決で決まる損害賠償金に金額と比べると、明らかに安い金額を示してきます。

加害者が加入している保険会社と後遺障害の等級や、過失割合などについて、自分の力だけではどうやって交渉するのかが不明だったり、加害者が加入している保険会社が提示してくる損害補償金の金額に納得がいかないときには、弁護士に相談するのも良い方法の一つです。
近頃は、無料で相談できたり、土曜日や日曜日、祝祭日に受付けていたり、二十四時間対応が可能であったり、至急のときに即日対応が可能な弁護士事務所が増えています。
即日対応か可能なのか即日対応ができないかについては、電話やサイトの問合せフォームで確認する必要があります。

被害者が加入している自動車保険で、損害賠償金の交渉に役立つものに、弁護士費用特約があります。
交通事故の加害者や加害者が加入している保険会社との示談交渉を、被害者が弁護士に依頼したときに発生する費用を、被害者が加入している保険会社が支払ってくれる特約になっています。

特約を付けることで増える保険料は一年でおよそ千五百円ぐらいで、三百万円までの費用を支払ってくれるという内容が多いです。
被害者の立場で交通事故に遭っているので、一般的には弁護士費用特約を使ったとしても保険の等級が下げられたり、保険料を上げられたりすることはありませんが、保険会社がそれぞれ取り決めている規約で違ってくることがあるので、前もって確認をする必要があります。

加害者や加害者が加入している保険会社との交通事故の損害賠償金の交渉に役立つ弁護士費用特約なのですが、この特約を使うときには、ほとんどの場合、被害者が加入している保険会社の同意を得ておく必要がありますので注意が必要です。”