登録手続き

交通事故の等級の登録手続きに関して弁護士に依頼をする

交通事故では、一般的に慰謝料を請求するときの被害者の立場として二つの立場があります。一つは、交通事故によって病院で完璧に治療することが出来た場合です。この立場の人は、診断書等を保険会社に送付して慰謝料を計算してもらうことによってその金額をもらうことが出来るようになります。もう一つは、病院で完璧な治療を受けることが出来ないほどの障害を背負ってしまった場合です。この立場の人は、等級認定という登録手続きをしっかりと行わなくてはいけないので忘れないように注意が必要です。しかも、この登録手続きに関してはある程度の時間がかかりますので、交通事故の慰謝料をすぐにでも欲しいと考えている人は弁護士などに依頼をしてすべての手続を代行してもらうこともできます。

交通事故で後遺障害に関する相談を弁護士にした場合には、まず後遺障害であるという証拠が必要になりますので病院から診断された書類を渡しておくことが大事です。そして、弁護士などに手続きを任せている場合にはこの診断書は保険会社に送られることになります。保険会社に送られた後はさらにその怪我の度合いに応じて等級認定を行うために損害保険料率算出機構という特別な機関に移されることになりますので、そこで調査が行われて初めて等級認定を受けることが出来るようになります。

損害保険料率算出機構に書類が送付された後には、それぞれの案件に応じて各々審査や調査が入念に行われることになります。調査には事故現場の状況や被害者や加害者の状況、そして病院から本当にその診断書を出したのかなども調べることになるので一定の期間が必要になるということを知っておきましょう。
実際に等級認定の審査が終わってその登録が終わるとその結果を今度は保険会社の方に送付してから、等級認定という形で被害者の手元に書類等がさらに返ってくることになります。

交通事故の被害者請求と事前認定の大きな違いは、提出する書類の差です。つまり、保険会社に対して提出する際の資料を事前に全て準備しておけば速やかに等級認定を受けることが出来ますので、弁護士に相談するときには前もってすべての書類を用意しておくことが最も賢い方法であると言えます。

交通事故の慰謝料は、示談や裁判などに発展すると非常に時間が長くなってしまうこともありますので、そうならないように必要な物は全て用意してから様々な請求をするように心がけることが重要です。”