厚木エリアでロフト付き

厚木エリアでロフト付きの一戸建てを探す

厚木エリアの中でも海沿いのエリアは人気が高いと言います。

海まで歩いて10分程度の距離であれば、散歩に行くことも出来ますし、釣りやサーフィンを趣味にしている人にとっては憧れの場所でもあるのです。尚、厚木エリアはと言うのは特別な定めがあるわけではなく、海沿いの地域もあれば、秦野市や伊勢原市と言った内陸エリアも厚木と呼ばれているのです。

海に近いエリアに一戸建てを持つことが夢という事や憧れている人は多いものです。海に近いエリアでも、ここは相模湾沿岸地域になりますので、潮風が流れ込みます。

塩害と言う言葉をご存知でしょうか?塩害と言うのは潮風などにより金属を錆びさせてしまう事を意味しています。一戸建て住宅が塩害により劣化を早めることは在りませんが、金属は塩に対して弱い性質がありますので、金属部分のメンテナンスは他のエリアの一戸建てと比べると必須となります。但し、最近の一戸建て住宅に利用されている建材などは潮風に対する耐久性を高めています。

また、コンクリートブロックなどは潮風によりボロボロになりますが、潮風に強いブロックもあり、それを利用する事で耐久性を向上させることが可能になっているのです。

何れにしても、海に近い場所の一戸建て住宅は潮風による対策やメンテナンスが必要になってくるのです。しかしながら、海まで歩いて行けると言うメリットは大きく、憧れを持つ人にとってはメンテナンスさえ行えば十分生活が出来るわけです。

所で、一戸建て住宅の中にはロフト付きの物件が在ります。これは屋根裏部屋とも呼ばれているもので、天井が高く作られている建物の2階の居住空間の上にあり、主に収納スペースとして利用する部屋です。

尚、ロフトと言うのは部屋ではなく、床面積に含まれていません。床面積は建築基準法で定められているもので、物件の広告として表示して良いものは、建築基準法上の床面積のみなのです。

また、ロフトには制限が設けられており、床から天井までの高さは1.4メートル以下にしなければなりません。この制限を超えた場合は部屋とみなされ、床面積に含まれることになるわけです。

また、ロフトに上がる階段は固定のものではなく、折り畳み式の収納タイプの階段や、移動が可能になるような階段のみの設置となります。1.4メートル以下の高さになりますので、大人が普通の部屋の中を歩き回る事は出来ませんが、ロフトが在る事で収納スペースを拡大することが出来ると言った利点があります。”