重い障害

上肢機能障害は交通事故でも重い障害なので弁護士に相談する

上肢機能障害というのは、上肢における機能障害のことで交通事故の場合には後遺障害の一つであると解釈されています。上肢の機能障害が起こると上肢の可動域が小さくなって日常生活に支障が出てしまいますので、普通の交通事故で請求することが可能な慰謝料請求や損害賠償請求とは違った賠償の手続きを進めていく必要性が出てきます。

上肢機能障害は、病院でそのように診断してもらうことも重要ですが、何よりも交通事故によってそうした症状になってしまったことを証明するために等級という認定を受けなくてはならないという側面があります。これは後遺障害等級認定という制度であるので、こうした認定をキチンと受けないと後遺障害の補償を受けることが出来ませんのでその点だけ注意をしておく必要があります。

交通事故に関しては、自動車同士の事故だけではなく自動車と人との直接的な事故も考えられます。自動車同士の事故の場合には交通事故までいかない物損事故として案件を処理することも出来ますし、そうした場合には物損によって生じた自動車の修理代だけを支払ってもらえれば問題を解決することが可能です。

ところが、交通事故でも自動車と人との事故のように被害者側に大きなダメージが与えられた時には後遺症が残るくらいの身体的な異常をきたしてしまうこともあります。このような場合だと、普通の慰謝料を貰ったとしても普通の日常生活を過ごすことができなくなる可能性のほうが高くなります。身体の後遺症が残った場合には仕事をすることができなくなりますし、それまで得ていた収入がなくなってしまうのですからそれを補償することが出来るだけの金銭が必要になります。

そこで、交通事故の場合には後遺症が残った人に対して等級認定という特別な認定を受けることによってより多くの賠償金を請求することが出来る制度を作っているわけです。これを利用すれば、上肢機能障害になったときに等級認定を受けることができるので日常生活をスムースに送ることが出来ます。手続きに関してわからないところがあるのならば弁護士に相談をすることによって問題を解決できますので、必要な処理の代行を弁護士にしてもらうと良いでしょう。

交通事故の問題解決の際には、それを専門とする弁護士が存在します。弁護士は一流の法律家ですがそれぞれの分野で得意としているものが異なる傾向にありますので、実際に相談するときには事故に詳しい弁護士に相談することがベストです。”