厚木の一戸建て住宅

厚木の一戸建て住宅で縁側を作る贅沢に浸る

先人の知恵が凝縮している日本家屋ですが、そこに使用されていたのは、地域で産出した木材と、それを外壁材や天井板。又は障子、ふすまや、障子の下部に取り付ける敷居、上部に取り付ける鴨居等、住宅資材は全て地域の木材を様々に加工し、使用していたのです。

近年では、生活スタイルが欧米化した影響も作用した結果、家作りの志向も変化いたしました。さらに、住宅資材も木材一辺倒から変化し、ビニールや、塗料、化学物質、等を採用する状況となり、様々な資材が住宅内部に浸透している環境にあります。

極端な例としては、ドアの芯「あんこ」部分にダンボールが使われる等々、一昔前には考えられないような変化を見せております。

さらに、欧米化の影響もあって、畳の部屋も激減傾向にあるのが現状です。そのような住宅環境のもと、多分、厚木の一戸建てに縁側は作らないのでは、とも思うのですが、心境としては捨て難いアイテムであるようにも思えるのです。そこで、厚木の一戸建てに相応しい縁側のスタイルを提案する事も楽しいのではと思うのです。

そこで、もう一度その役割について確認いたします。先のように、目的にはタタミを保護する役割があるのです。つまり、夏の陽差しが室内に届く事で、タタミに悪影響を与えるので、室内の奥深くまで陽が差し込むのを防ぐと言うわけですが、そのような事情に関係なく、冬の陽差しを受け一戸建ての縁側でお昼ね等、ストレス発散のスペースとしても、最適空間だと考えます。

ここで、厚木の一戸建てに相応しく、一戸建てであるが故の縁側とは、どのようなスタイル。について触れたいと思います。近年電気の供給事情等も伴い、省エネに対する関心が深まる環境にありますが、寒い冬は暖房器具に頼る生活が主流です。その要因として考えられるのが家の作り、家の間取り、「設計」にあると考えます。

現在の設計志向は、3LDKとか、4DKとか、部屋数と家族人数に関する部分に設計の軸があるように思います。けれど、日本には四季があり、四季折々の風や太陽の恵みを受けられる環境にあるのです。

地球の反対側では、何日も夜が続き、昼の太陽を見ることが出来ない等様々な環境に耐え、生活している事を思うと、日本の恵まれた気候を室内にも採りこみ、活用する工夫が求められるのでは、と考えます。

そのように考えると縁側の利用方法も、独立したスタイルではなく、居間の延長線上に位置し、太陽の恵みを室内に採りこむスタイルもあって良いのではとの立場です。”