土日も受付ける

交通事故の示談交渉は土日も受付ける弁護士に相談を

交通事故に遭った被害者は損害賠償請求をすることが可能です。
交通事故で発生する慰謝料は、精神的な苦痛を償うために支払うお金のことです。
示談金は、交通事故で発生した損害賠償金の内被害者と加害者が交渉の末妥結して実際に加害者から受け取るお金のことです。
加害者から受け取る損害賠償金には、慰謝料だけでなく休業損害や治療費などがあります。

慰謝料には入通院慰謝料や死亡慰謝料などがあります。
入通院慰謝料は、交通事故で負った怪我を治療するときに負う精神的な苦痛に対して支払われるので、入院していた日数や通院していた日数によって計算します。
死亡慰謝料は、交通事故で被害者が亡くなってしまったときに負う精神的な苦痛に対して支払われる慰謝料のことです。

交通事故で発生する損害賠償金額を計算するには幾つかの基準を使って行います。
裁判所基準は、裁判所で使っている損害賠償の金額を認定する基準で、一般的に被害者に一番手厚く賠償をしてくれる基準になります。
一般的には、事故で負った傷害の度合いや内容、通院や入院をしていた期間を基にして、損害賠償金額を計算します。
弁護士が事故の損害賠償金の交渉に介入するときには、裁判所基準を使って請求をするので、裁判所基準で損害賠償金額の金額が決まることになります。

被害者の立場としては損害賠償金は、被害者に一番手厚い基準で請求したいところです。
そのためには、まず弁護士と無料相談をしてみるのが良い方法の一つです。
事故の損害賠償金の交渉を依頼するときは、交通事故を専門に取り扱う弁護士にお願いするのが良い方法です。

平日の昼間には仕事で時間が取れないという場合は、土日や平日の夜に交通事故の法律相談を受付している場も設けられているので、そんな相談所を利用する方法もあります。
土日や平日の夜間に受付けている交通事故法律相談を受けたい場合は、混み合うことも考えられるため、前もって電話で問合せて予約を入れたほうがした方が無難です。

一方で、任意で加入する自動車保険には、弁護士特約という付帯契約が用意されています。
自動車保険にその特約を付けていれば、事故の損害賠償金について弁護士と相談したり、示談交渉を依頼をするときに、自分で費用を支払わなくても、保険会社がその費用を負担してくれます。

そのため、費用の心配をすることなく加害者や加害者が加入している保険会社との示談交渉を弁護士にお任せすることが可能です。
自動車保険の弁護士費用特約は、保険料が一年でおよそ千四百円ぐらいと、とても安いので、付けておくといざという時に非常に役立つ特約です。”