メインイメージ

川崎で一戸建ての設備について

川崎で一戸建てを購入する時の設備について

川崎で一戸建てを購入する場合、設備機器に関してしっかりとチェックしておく必要があります。後からリフォームするとなると、かなりの工事費がかかります。

もちろん、耐用年数があるため、いずれはリフォームすることになるのですが、やはり初めに一戸建てを建てた時にしっかりと選んでおいた方が使い勝手としても良いのです。

川崎で一戸建てを建てる時に必要な設備機器は様々なものがあります。キッチン、浴室、洗面台、トイレ、玄関ドア、窓などです。そのどれもが、ハウスメーカーなどの場合ですと、ハウスメーカー推奨品というものが用意されています。

ハウスメーカーが独自にそのメーカーに言って作らせた商品であり、とても値段的にはとても安くなっているのです。カタログなどに載っている標準仕様というものです。

これらを一戸建てに使うようにすれば、とてもコストを落とすことが出来ます。

しかし、同じキッチンメーカーでもハウスメーカー仕様のものでないものを使おうとすると、2割ぐらいは金額が高くなるのです。もちろん、取引状況によっては値引きがありますが、それでもハウスメーカー仕様のものにはかないません。

また、工務店で一戸建てを建てる時にも、設備機器に対する値引きは行われますが、その場合でもハウスメーカー仕様のもの以上に安くなることはないのです。

しかし、もしハウスメーカー仕様のもの以外のものを選ぶ場合は、工務店の方が安くなることもあります。但し、工務店によって取引があるかないかは違いがありますので、しっかり確認する必要があります。

設備機器を選ぶ際はショールームに行って選ぶことが大切です。実際に見て確認する必要があるのです。トイレも実際に腰かけた方がよいですし、浴室もバスタブの中に入って足をのばしてみるようにしましょう。

洗面台は身をかがめて顔を洗いやすい高さかどうか、確認します。キッチンも天板の高さが自分の身長にあっているか確認し、シンクの広さや作業台の広さなども見ます。

レンジフードは様々な種類がありますので、より掃除しやすいものを選ぶようにしましょう。幅が大きいものの方が吸い込む力は強くなりますが、フィルターなどが大きくなるので、大きめのシンクを選ぶことをセットにする必要があります。

ガスコンロもIHも数多くの種類がありますので、機能や掃除のしやすさを考えて選ぶようにしましょう。玄関ドアや窓は実際に開け閉めしてみて、ドアノブの位置や鍵などを確認することが大切です。

このように川崎で一戸建てを購入する時は、設備機器もチェックする必要があります。

Copyright© 2014川崎での一戸建て、東京の一戸建てと比べた時の差はどれくらいでるのだろう All Rights Reserved.